ポータブルマルチスコープ

ペンタックス ポータブルマルチスコープ
FP-7RBS2

「胃ろうカテーテルの留置確認」および
「嚥下機能観察」が可能です。

バルーン型胃瘻カテーテル

バルーン型胃瘻カテーテル

バンバー型胃瘻カテーテル

バンバー型胃瘻カテーテル

胃粘膜

胃粘膜

咽頭残留

咽頭残留

胃ろうカテーテル変換の動画はこちら »

Φ2.4mmの超細径

FP-7RBS2の先端硬性部径、軟性部径は、ともにわずかΦ2.4mm。これにより、優れた挿入性を実現しました。

高い携帯性を実現

バッテリー式光源ユニットBS-LL1を組み合わせれば、様々な医療現場へ持ち運び可能な、ポータブル内視鏡システムが実現します。また、BS-LL1は、LEDを採用したことにより、電池平均寿命10時間を達成しました。

バッテリー式光源ユニット
●ペンタックス LED光源装置
 BS-LLシリーズ
BS-LL1

優れた操作性能

人間工学に基づく、軽く、握りやすい操作部により、優れた操作性を実現しました。

Up/Down両方向 210°湾曲性能

Up/Downともに210°のアングル性能により、胃ろうカテーテル先端の留置確認も容易に行えます。

嚥下機能観察も可能

小児・女性など鼻腔の狭い患者の嚥下機能観察も可能です。

丸洗い洗浄、薬液浸漬が可能

防水設計のため、丸洗い洗浄や薬液浸漬による消毒が可能です。

主な仕様

FP-7RBS2

クリックすると拡大します

視野角 95°
観察深度 3~50mm
接眼視度調整範囲 +3~-8Dptr.
湾曲角 Up:210°/Down:210°
先端硬性部径 φ2.4mm
軟性部径 φ2.4mm
チャンネル最小径 -
有効長 600mm
全長 870mm

販売名「ペンタックス ポータブルマルチスコープ」
医療機器認証番号:222AGBZX00043000

システムチャート

ファイバースコープ周辺機器